薬剤部紹介

調剤業務

当院は院外処方せん発行のため、調剤室では主に入院患者さんの内服薬・外用薬を調剤しています。薬剤師は、患者さんに処方されたお薬の量や、飲み方、飲み合わせに問題がないかなどを確認した後、処方箋に従い調剤を行います。

注射調剤業務

医師によって処方された注射薬が正しく施行されるようにお薬の量や、点滴速度、配合変化などを確認した後、個人セットを組み病棟に払い出しをしています。また、災害等の緊急時に備えて医薬品の備蓄をし、在庫管理・品質管理を行っています。

医薬品情報管理業務

当院で扱っている約1300種類の医薬品はもとより、現在日本で使用されている医薬品の情報を収集し、管理・提供を行っています。

薬剤管理指導業務

病棟ごとに専属の薬剤師を配置し、患者様へお薬の説明や副作用がないかの確認などを行い、医師、看護師等へ情報提供を行っています。また、入院される患者様の持参薬を預かり、相互作用や重複投与がないかの確認を行っています。

治験管理業務

製薬会社の依頼を受けて、新薬開発の最終段階の臨床試験(治験)を実施しています。治験薬の調剤や管理、治験実施上の諸手続きや審査委員会に携わっています。また、治験コーディネーターが医師と患者さんの仲介役を務めています。

無菌調剤・製剤室

患者さんに投与される抗がん剤注射薬、食事がとれない方のための高カロリー輸液(TPN)の混合調製を、安全キャビネットやクリーンベンチといった安全かつ無菌的空間内で行っています。

外来化学療法

化学療法(抗がん剤)は、安全管理手順書に基づき、抗がん剤の種類、投与量、投与法、投与期間、などが適正かどうかの確認後に、安全キャビネット内で安全かつ無菌的に調製しています。

チーム医療


感染制御チーム、栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、腎サポートチームなどでチーム医療の一員として専門性をもった薬剤師が活躍しています。

薬学生実務実習受け入れ施設

薬剤部では薬学生のため「病院実務実習」の受け入れを、モデルコアカリキュラムに基づいて行っています。

認定薬剤師

日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
日本静脈経腸栄養学会 NST(栄養サポートチーム)専門薬剤師 1名
日本生薬学会 漢方・生薬認定薬剤師 1名
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 1名
日本薬剤師研修センター 実務実習指導薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 4名
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師 4名