検体検査部門

生化学検査

当院では東芝メディカルシステムズ TBA-C16000を用い、患者さんから採取した血液・尿・脳脊髄液・体腔液などを化学的に分析・検査しています。

 

患者さんから採取した血液を遠心分離機にかけると、血液の有形成分(血餅)と液体成分(血清)に分けることができます。生化学検査ではこの液体成分(血清)を用い、中に含まれる蛋白や酵素・老廃物などを検査して、患者さんの健康状態や病気の程度を調べています。

 

これらの検査は病気の診断や治療の判定・病態の経過観察に欠くことのできないものであり、受診当日の採血結果を外来診察に反映するため、スタッフ一同迅速且つ正確に臨床貢献できるように頑張っています。

 

血液検査

血液の量は体重の約1/13といわれていて、大部分の血液は体内の中を循環しています。急な出血で血液の1/3が失われると生命の危険を生ずるといわれています。
血液は体内を循環して多種かつ複雑な機能を果たしていますが、それらの機能は各血液成分が分担しています。そのうち血液検査と言われるものを紹介します。

当院、臨床検査部では、主に血球算定・形態検査、凝固検査などの検査を行っています。

血球算定・形態検査

血液細胞は主に骨髄で造られ、おのおの複雑な機能を果たしながら体内を循環しています。この細胞を機械や顕微鏡を使って調べます。
血球の算定はAbott社 CELL-DYNE Ruby とCELL-DYNE Sapphire の2種類の機械を用いて行っています。
そのうち白血球を、好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球、単球などに分類することにより、病態の様子を知る手がかりとなります。(貧血、白血病、感染症など)

血液凝固検査

凝固検査は血管が破れて出血した時に血液を固めて止血しようとする働きと固まった血液を溶かす働きを見る検査です。

全自動血液凝固分析装置Sekisui CP-3000を使って検査しています。

 

 

免疫血清検査

体には,体内にない抗原(細菌や異物)が侵入してくると,それに抵抗する”抗体”という物質を作り,体を守ろうとする働きがあります。一度抗体ができると,再びそれらの抗原が浸入したとき,体外に排除しようとします。この仕組みを”免疫”といいます。抗原が抗体と結びつく現象を免疫反応(抗原抗体反応)といいます。抗体ができているかどうか,また,どれぐらいできているかを調べることにより病気への感染がわかります。

[検査の利用法]
  • 血液適合・不適合の検査
    輸血時の血液型や適合血液の検査,臓器移植のとき組織が適合するかの判定。
  • 免疫異常による病気の検査
    溶血性疾患・アレルギー性疾患・免疫不全症・自己免疫病などの診断や予防・治療に利用。
  • ウィルス感染及び予後の診断
院内での検査項目
感染症検査 HIV,HBS抗原,HBS抗体,HCV
腫瘍マーカー CEA,CA19-9,PSA,AFP
甲状腺機能 TSH,FT3,FT4
心機能 BNP,TnI
貧血の程度 フェリチン

 

アレルギー検査

 人間の体には細菌やウィルスなどの異物から体を守る為に働く防御機能(免疫)が備わっています。
 この仕組みがときに過敏に反応しすぎて、人間の体にとってマイナスに働く場合があります。この現象がアレルギーです。

 当院ではDiaPack3000を使用して検査を行っています。

 

当院で行っている検査項目
樹木花粉 スギ・ヒノキ
イネ科花粉 ハルガヤ・カモガヤ
雑草花粉 ブタクサ・ヨモギ
ダニ ヤケヒョウダニ・コナヒョウダニ
室内鹿物 ハウスダスト
昆虫 ゴキブリ
カビ カンジダ・アルテルナリア
動物 ネコ皮膚・イヌ皮膚
食物 卵白・ミルク・小麦・米・大豆・卵黄・オボムコイド

 

一般検査

尿検査と便潜血検査、血液以外の体液(髄液、腹水など)の検査を行っています。

尿検査

主に全自動尿分析装置を用いて尿中の蛋白・糖・潜血などの検査をする定性検査と直接尿を顕微鏡で観察する尿沈渣検査を行っています。これらの検査は腎臓病や糖尿病、尿路感染症などの診断に有用です。

他にも尿蛋白定量検査や妊娠反応検査も行っています。

 

便潜血検査

大腸癌や大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、胃癌などの消化管疾患の場合、微量の出血を伴うと言われています。その微量の血液を糞便中から検出する検査です。

 

髄液検査

髄膜炎や脳炎などの疾患を診断する際の手がかりとなります。
検査室では、外観、比重、細胞数(白血球の分類)、蛋白定量、糖定量、電解質の検査を行なっています。

 

体腔液検査

腹水や胸水などを採取し検査を行っています。外観、比重、蛋白定量、細胞数などの検査があり必要に応じて微生物検査・細胞診検査を行っています。