医療相談室

病気になると健康なときには気づかなかった心配事や問題が起きることがあります。「医療福祉相談室」ではこうした問題に関する相談をソーシャルワーカーがお受けし患者様や御家族が安心して治療・療養に専念できる環境つくりのお手伝いをしています。
最近では患者様の退院をめぐる相談を受ける機会が多く、転院先の医療機関や介護施設、在宅生活への準備として在宅介護支援事業所などのご紹介や連絡調整を行っております。
これらの連携を図る中で、患者様と御家族間の意見や患者様・御家族と医療スタッフ間の「退院可能な状態の捉え方」に相違が生じる事もあり、両者の関係調整なども行っております。
その他にも「何をどうしたら良いのかさえ分からない」という方も中にはいらっしゃるかもしれません。そんなときでも相談室では、皆様の問題解決に向けて耳を傾け、共に考えてゆきます。

 

ソーシャルワーカーとは

ソーシャルワーカー(社会福祉士)は専門知識および技術をもって、身体上もしくは精神上の理由により日常生活を営むのに支障がある方の福祉に関する相談に応じ、助言・指導・その他の支援を行うことを業とする者のことをいいます。
その仕事は大きく2つに分けられます。

 

対象となる個人や集団との「直接的対応」

対象者が自分自身で生活していく力を高める為に助言し、問題点や心配事を明確にして支援することです。

 

「仲介機能」

対象者のニーズを把握し、必要な諸制度、機関に関する情報を提供、あるいはそれらを利用する為の支援を行うことです。つまり、対象者と社会の橋渡しをするコーディネーターの役割を果たすことにあります。

 

相談内容

  1. 福祉制度(介護保険など)について知りたい。
  2. 医療費や生活費などについて不安を抱えている。
  3. 今後の方向性について(転院先のご紹介など)悩んでいる。
  4. 治療に関する不安・人間関係などで困っている。
  5. その他、質問やご意見がある。

 

相談される皆様へ

  • 相談内容についての秘密は厳守します。
  • 相談を希望される方は主治医や看護師などに声を掛けて下さい。

 

受付時間

平日   9:00~16:30

土曜日  9:00~12:00(ただし、休診日は除きます)